こうでいの探訪記

日本を旅しよう!

MENU

【鉄道】抜海駅[北海道 稚内市]

【鉄道】抜海駅[北海道 稚内市

《訪問年:2016年》

北海道 稚内市にあるJR北海道 宗谷本線の駅です。

日本最北の無人駅にして、最北の木造駅舎でもあります。

駅構造は、2面2線の相対式ホームで交換設備を有しています。

1924年大正13年)開業

1977年(昭和52年)貨物扱い廃止

1984年(昭和59年)荷物扱い廃止

          11月に出改札業務が廃止され、旅客営業終了

1986年(昭和61年)電子閉塞化に伴い閉塞扱いの職員配置廃止、完全無人

一部、劣化した箇所がサイディング張りに改修はされていますが、ほぼ開業当時のまま使用されています。

待合室は広々としています。

2016年時点で、上下線合わせて7本の運転となっていました。

「雪切り室」と呼ばれる二重扉構造となっており、雪が室内に入らない工夫がされています。

右の駅名標の文字は貝殻を詰めて作られています。

稚内方面。

名寄方面。

こちら側のホーム端にある構内踏切で連絡しています。

隣駅は南稚内駅、その次が終点の稚内駅となります。
南稚内駅は稚内市街地内にあるのと、車庫が併設されているため、抜海駅とは全く雰囲気が異なります。

反対ホームへ。

駅周辺に何も無いため、静かな田舎の駅といった雰囲気が漂っています。

ホームは短いですが、交換設備はかなり長大で時代を感じます。

駅前通り。
駅前には数軒の民家があるのみで、その他はクマザサに覆われた荒野と牧草地が広がっています。

最寄の市街地は2kmほど離れた海沿いにある抜海地区です。

駅近くの踏切から。

牧草地でくつろぐ牛たち。

 

行き方:

 北海道西岸沿いにあります。

 稚内市内より道道106号線(オロロンライン)を南に行き、抜海岬の手前1km付近にある道道510号線との交差点を入ります。

 直線の道を高台に上がった先の90度折れた先、正面に駅があります。