こうでいの探訪記

日本を旅しよう!

MENU



【風景】高遠城址公園(桜)[長野県 伊那市]

【風景】高遠城址公園(桜)[長野県 伊那市

《訪問年:2013年》

長野県 伊那市城址公園です。

園内に約1500本の桜の木が植えられており、日本三大名所や「天下第一の桜」と称され「日本さくら名所100選」にも選ばれています。

桜の季節には必ずと言っていいほど登場する国内有数の名所です。

 

桜の品種は「タカトオコヒガンザクラ」で、ソメイヨシノよりも小ぶりで赤みのある花が咲くのが特徴です。

この桜はエドヒガンとマメザクラの交雑種と考えられていますが、自生地が無く高遠以外に群生していない事から、生態がよくわかっていない品種の一つです。

園内には樹齢130年を超える老木もあります。

 

廃城になった際に城内の建物等が売り払われ、荒地になっていたのを1875年(明治8年)頃から再整備が始まり今の様な公園となりました。

荒廃する心を痛めた旧藩士達が、桜を植え門を移築しての整備を始めたのがきっかけと言われています。

1936年(昭和11年)には集会所として「高遠閣」が有志によって公園内に建てられました。

高遠閣は現在、登録有形文化財になっています。

 

伊那市(旧高遠町)では「桜憲章」を制定し桜を大切に保護しています。

花見シーズンには高遠城址公園「さくら祭り」が開催され多くの観光客が訪れます。

日没頃からは園内の桜がライトアップされて、昼間と違った雰囲気を楽しむ事が出来ます。

 

ライトアップされた夜間の様子はこちらへ。

近くにある高遠湖(高遠ダム)はこちらへ。

 

高遠城址公園の入口。

グランドゲート前駐車場の向かいにある元高遠城楼門。

城下町から移築されました。

北ゲート前。

高遠閣。

現在は管理事務所と休憩所になっています。

桜雲橋。

堀を渡る橋です。

現在は堀に水は溜められていません。

小さな池があります。

最も有名な鑑賞ポイントでもあります。

桜と空が綺麗に反射しとても綺麗です。

本丸。

たくさんの桜が植えられています。

太鼓櫓。

1943年( 昭和18年)までは実際に太鼓を鳴らし、時を知らせていたそうです。

二の丸。

南ゲートから外に出た所。

園外にもたくさんの桜が植えられています。

ダム湖百選にも選ばれている高遠湖です。

湖畔沿いにも桜が咲いていました。

楼門を下りた所から高遠町市街を。

市街地から公園を向いて。

正面上段が公園となります。

 

行き方:

 中央自動車道 伊那I.Cから伊那市内を通り国道361号線を東に行くと、国道152号線との交差点があります。

 その上が高遠城址公園です。伊那I.Cからおおよそ約30分です。

 伊那市観光協会のHPに開花情報や園内の案内、駐車場の詳細が載っていますので確認してみて下さい。