こうでいの探訪記

日本を旅しよう!

MENU





【灯台】安乗埼灯台[三重県 志摩市]

灯台】安乗埼灯台三重県 志摩市

《訪問年:2015年》

三重県 志摩市にある灯台です。

日本の灯台50選に選ばれています。また、参観灯台でもあります。

日本では珍しい四角形をしています。

美しいリアス式海岸で風光明媚な地として知られる志摩半島的矢湾の入り口にあたる安乗崎の突端に建っています。

江戸時代にはすでに灯明台が建てられるほどの難所でした。

 

初点灯は1873年明治6年)で、現在の灯台は2代目となります。

初代は「日本の灯台の父」と呼ばれる英国人リチャード・ヘンリー・ブラントンが設計した、高さ10.6mの総ケヤキ造り八角形の木造灯台でした。

日本初の回転式のフレネル式多面閃光レンズを採用した洋式灯台としては20番目のものでした。

1911年(明治44年)に海岸の海蝕により5m後方へ移設、1948年(昭和23年)に解体、横浜に移して復元され現在は東京にある、船の科学館にて保存されています。

初代灯台跡には礎石が今も残存しています。

 

現在の2代目は1948年(昭和23年)に建て替えられた白色 四角形鉄筋コンクリート製です。

灯器はLU-M型、単閃白光 毎15秒に1閃光、光度38万カンデラ光達距離16.5海里(約31km)、塔高12.7m、灯火標高33.3mとなっています。

 

灯台守の生活を描いた映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台にもなりました。

 

続きを読む

【風景】ぶつぶつ川[和歌山県 那智勝浦町]

【風景】ぶつぶつ川和歌山県 那智勝浦町

《訪問年:2014年》

和歌山県 那智勝浦町を流れる川です。

2008年(平成20年)に二級河川に指定され法定河川となりました。

 

なぜこの川が知られる様になったかというと、日本で一番短い川だからです。

全長はたったの13.5mで、源流から終点まで一目で見通すことが出来ます。

見た目は川というよりも水路に近く、幅も1mあるかどうかといったところです。

 

水源は湧水で、とても綺麗な水が滾々と沸いています。

名前の由来は水が湧き出す時に一緒に出てくる気泡が「ブツブツ」と音を立てる事から付いたそうです。

実際に湧水の所でブツブツ音がしていました。

 

とても短い川ですが周辺の環境調査において256種類の植物が確認され、絶滅が心配される貴重なものも見つかっています。

 

この川が指定されるまでの日本最短の二級河川は北海道を流れるホンベツ川の30mでした。

(全長は9.8kmありますが普通河川であり、河口から水門までが二級河川になっています)

全ての法定河川だと山形県を流れる東町塩野川(準用河川)の15mだそうです。

 

日本を流れる川は河川法という法律で定義されています。

国が管理し、全国に109ある一級水系の本流が「一級河川

それ以外の水系で都道府県が管理する本流が「二級河川

一・二級河川以外で市町村が管理するのが「準用河川」となり、この3種類が法定河川とされています。

さらにどれにも属さない河川は「普通河川」で河川法の適用外であり法定外公共物となります。

よって普通河川は法律上は「川であって川でない」微妙な扱いです。

 

その川がどれに属しているかは、河川敷などに立てられている河川名の看板に書かれています。

日本最長の河川は東北地方を流れる信濃川(367km:一級河川)となっています。

和歌山県には日本最長の二級河川である日高川(127km:全国42位)も流れています。

法律は時々不思議なものを生むという事を改めて感じさせてくれます。

 

続きを読む

【滝】龍双ヶ滝[福井県 池田町]

【滝】龍双ヶ滝[福井県 池田町]

《訪問年:2011年》

福井県 池田町にある滝です。「りゅうそうがたき」と読みます。

落差は60mで岩肌をなぞる様に注いでいます。

福井県では唯一「日本の滝百選」に選ばれています。

 

緑の中にある美しい滝です。

水の落ち方がなぞる様な流れのため迫力さには欠けますが、滝壺を見ればわかる様にとても優しさのある滝です。

夏から秋にかけての時期に多くの観光客が訪れます。

特に夏は水遊びでたくさんの人が来ています。

 

続きを読む

【滝】入日ヶ滝[福井県 越前町]

【滝】入日ヶ滝[福井県 越前町

《訪問年:2014年》

福井県 越前町にある滝です。「いりひがたき」と読みます。

別名「不動ヶ滝」「幣ヶ滝」とも呼ばれています。

 

滝の看板には高さ16m、幅4mとあります。

日本海に沈む夕日が滝の水に反射する美しい光を見た西行法師が、命名したと伝えられています。

滝に打たれる様に不動尊像が置かれていた事から「不動ヶ滝」とも呼ばれるようになったそうです。

 

滝の前は道を挟んですぐに海となっています。

海の目前に滝があるのは切立った崖の多い越前海岸らしいと思います。

越前海岸には近くにいくつか滝があります。

 

続きを読む

【風景】青土ダム[滋賀県 甲賀市]

【風景】青土ダム[滋賀県 甲賀市

《訪問年:2016年》

滋賀県 甲賀市にあるロックフィルダムです。

ロックフィルダムとは岩石や土砂を積み上げた構造のダムの事です。

 

青土(おおづち)ダムは野洲川上流にあり、1988年(昭和63年)に完成した県営の多目的ダムです。

さらに上流にある灌漑用の野洲川ダムを補助し、洪水軽減や水資源確保の為に建設されました。

堤高43.5m、堤頂長360m、総貯水容量730万立方メートルです。

 

このダムの特徴は自由越流頂式(ゲートレス)の常用洪水吐きと非常用洪水吐きです。

「常用洪水吐き」は常満クレスト(自由越流堰)・ゲートレスオリフィス直結型を2門採用。

「非常用洪水吐き」はクレスト自由越流式を2門採用しています。

ダム穴(グローリーホール)に近い形をしています。

 

「洪水吐き」とは洪水がダムに入ってきた際にダム保安の為に使用する放流設備です。

洪水調整が目的のダムでは、下流河川保護の為に調整放流する為の設備の事も言います。

 

自由越流頂式の常用洪水吐きは日本ではほとんど採用されていない珍しい構造です。

アメリカ等外国にはいくつかありますが、重力式やアーチ式ダムでの採用がほとんどです。

ロックフィルダムなのでデザインが特殊となり、この形は世界でもここにしか無いと言われています。

 

このダムの平常時最高貯水位は標高292m(貯水率100%)です。

常満クレストを採用している為、普段から水位は290m付近となっています。

洪水時最高水位は300m(貯水率275%)で、最高水位を越えると非常洪水吐きから越流していきます。

貯水率275%は現実にはあり得ない数字なので、放流を見る事はまずありません。

 

越流放水しているかは、滋賀県の土木防災情報システムというサイトで確認する事が出来ます。

 

ダムはよく無用の長物や税金の無駄使いとして批判の槍玉に挙げられます。

治水ダムの効果は巨額の建設費に見合ったものなのか、はたまた机上の空論に過ぎなかったのかは、実際に運用を開始するまで分からないと言われています。

実際、無駄使いで終わったダムは存在します。

目に見える判り易い部分しか報道されていませんが、建設には多くの犠牲や故郷を失う悲しみを伴っている事を、ないがしろにしてはいけないと思います。

 

ただのコンクリートの塊かもしれませんが、土木技術の粋を結集してダムは造られています。

普段何気ない事でも視点を変えてみると違った面が見えてくるかもしれません。

 

続きを読む

【滝】白銀の滝[北海道 石狩市]

【滝】白銀の滝[北海道 石狩市

《訪問年:2016年》

北海道 石狩市にある滝です。

落差50mの滝で「しらがねのたき」と読みます。

 

「北海道三大秘岬」のひとつとされていた雄冬岬(おふゆみさき)にあります。

春先は雪解け水で水量が増し、かなり迫力があるそうです。

海岸に落ちており、滝前はすぐ日本海となっています。

1981年の国道開通に合わせ命名されました。

 

雄冬岬の北側にある雄冬集落は国道231号線が全通する1981年(昭和56年)まで「陸の孤島」と呼ばれ、実質的な交通手段は1日1往復の増毛-雄冬間の定期航路のみでした。

その定期航路も時化による運休が多く孤立することが珍しくなかったそうです。

国道開通で「陸の孤島」は解消しましたが、冬季は国道が閉鎖され依然として孤立が続いていました。

完全に解消されたのは国道213号線が全線通年供用可能となった、1992年(平成4年)の事です。

 

また、北海道で最後に電話回線が自動化された場所でもあります。

先述の通り「陸の孤島」であった為、海に直接回線を敷設する大規模工事の末、1978年(昭和53年)に自動化が完了しました。

国内でインフラ整備が遅れていた北海道の中でも特に遅かった土地です。それほどの難所だったという事かなと思います。

 

続きを読む

【風景】通潤橋[熊本県 山都町]

【風景】通潤橋熊本県 山都町

《訪問年:2011年》

熊本県 山都町にあるアーチ石橋です。

江戸時代(1854年)に周辺の村々の水不足解消の為に造られた水路橋で、国の重要文化財の指定、環境省の疏水百選に選定されています。

 

橋長75.6m、橋高20.2m、橋幅6.3m、アーチ半径27.6mあり、江戸時代に造られた石橋の中では国内最大規模を誇ります。

上部に3本の石管が通っていて現在も灌漑用水に使用されています。

噴水管(逆サイフォン)式の橋で、橋両側の水路の方が高い位置にあります。

通潤橋は日本独自の技術で最初に完成した噴水管の橋と言われており、石橋や石管には様々な工夫が施されていて、当時の日本の石工技術がいかに高かったかがうかがい知れます。

 

橋の両側中央付近に放水口(泥・砂吐き用)が設けられており、農閑期に観光客向けの観光放水が行われています。

1日1回正午から約10分間、G.Wは2回正午と14時となっています。

また、定期放水の他に予約放水(1日1回1組限定で1万円)もあります。

 

橋の維持や本来の目的(農業用水の確保)の為、時期の制限や回数制限があります。

水不足の時は中止となる場合もあります。

山都町のホームページで案内されているので、行かれる前に確認してください。

 

橋の上を通行することは可能ですが、柵などは一切ありません。

今まで落ちた人はいないとの事ですが、凹凸が多いので走ったり乗り出し過ぎない様に注意が要ります。

 

続きを読む